• ホーム
  • ショッピング枠現金化とは?仕組みからメリット・デメリットを徹底解説

ショッピング枠現金化とは?仕組みからメリット・デメリットを徹底解説

2019年12月15日
ショッピングをする女性

クレジットカードをお持ちの方は、ショッピング枠を現金化することで誰でも簡単にお金を手にすることができます。

本記事ではクレジットカードのショッピング枠現金化とは何か、仕組みや方法、メリット・デメリットを詳しく解説して参ります。

クレジットカードのショッピング枠現金化とは?

クレジットカードのショッピング枠現金化とは、その名の通りクレジットカードのショッピング枠を現金化してお金を手にするという方法のことです。

クレジットカードにはお金を借りる枠であるキャッシング枠と買い物に使うためのショッピング枠の二つがあります。

キャッシング機能を使えばお金を手にすることができますが、キャッシングは言うまでもなく借金です。

一方のショッピング枠は買い物をするための機能であり、したがってショッピング枠現金化は借金とは異なる性質を持ちます。

後に詳しく解説しますが、ショッピング枠現金化は借金ではないため利息の返済が不要・信用情報の審査が不要といったメリットがあります。

それでは次に、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法を詳しく解説して参ります。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法

携帯でショッピングをする人

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は単純で、一言で言えば

「クレジットカードで商品を購入し、転売する」

だけです。

まずはショッピング枠現金化と言う名前の通り、クレジットカードで買い物をします。

続いて購入した商品を金券ショップ・買取専門店・フリマサイトなどを駆使して転売すれば、購入した商品をお金に換えることができます。

したがって、クレジットカードのショッピング枠を現金化することにもなります。

またクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は二つあります。

次に解説して参ります。

①自分でショッピング枠現金化をする方法

クレジットカードのショッピング枠現金化は上述の通り、転売です。

したがって自分自身でも簡単にショッピング枠現金化をすることができます。

ショッピング枠現金化を自分でする際には、転売する商品選びが何よりも重要です。

そのため自分でショッピング枠現金化をしようとお考えの方は、下記の商品が換金性が高くオススメです。

  • Amazonギフト券
  • JCBギフトカード
  • ブランド品
  • 家電製品・ゲーム機類
  • 貴金属・ジュエリー

また転売をする方法は、基本的には金券ショップや買取専門店を利用することをオススメします。

一方で、希少価値が高い商品やプレミアム価格がついている商品に関しては、フリマサイトやネットオークションに出品すれば高換金率でショッピング枠現金化に使うことができるでしょう。

商品によって、転売の方法を見極めるようにしてください。

②現金化業者を使ってショッピング枠現金化をする方法

ショッピング枠現金化は、専門の現金化業者を利用しても行うことができます。

自分でショッピング枠現金化をする場合は、商品を購入したり、転売する必要があります。

しかしながら現金化業者は、商品の売買を行ってくれ、また事前に換金のための商品も用意してくれています。

したがって現金化業者を利用すれば、自分でショッピング枠現金化をするよりもスムーズに・簡単にショッピング枠現金化をすることが可能です。

優良店ならば申し込みから最短10分程度でお金を手にすることも可能ですし、

「自分でショッピング枠現金化をするのは面倒」

とお考えの方には現金化業者の利用がオススメです。

ショッピング枠現金化のメリットとは?

続いてショッピング枠現金化を利用するメリットを詳しく見ていきましょう。

具体的には以下の点が挙げられます。

  • 審査不要
  • スピードに優れている
  • 借金ではない

それでは順番に詳しく見ていきましょう。

①審査不要

ショッピング枠現金化は借入ではないため、利用の際に信用情報の審査はありません。

したがって金融ブラックになってしまっている方や、無職・専業主婦などで信用情報が低い方でも問題なく利用することができます。

特に債務超過や支払い滞納などで借金ができない方にとって、ショッピング枠現金化は高い利便性があるでしょう。

②スピードに優れている

ショッピング枠現金化は審査不要ですので、審査結果を待つことなくお金を手にすることができます。

そのためショッピング枠現金化はスピードに優れており、申し込みから最短10分前後でお金を手にすることも可能です。

「3日後までにお金を用意しなければならない…」

といった状況においても、ショッピング枠現金化ならば、対処することができます。

③借金ではない

繰り返しになりますが、ショッピング枠現金化は借金ではありません。

借金ではないため、ショッピング枠現金化を利用しても信用情報に記録されることはなく、住宅ローンや金融機関からの借入を考えている方でも、問題なく利用することができます。

また借入金額として記録されることもないため、ショッピング枠現金化ならば債務超過に陥ってしまっている方でも、お金を手にすることが可能です。

特に総量規制に引っかかってしまっている方にとっては、審査不要のショッピング枠現金化は大いに活用できるでしょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化のデメリット・危険性とは?

一方でクレジットカードのショッピング枠現金化には、デメリットや危険性も複数あります。

具体的に、クレジットカードのショッピング枠現金化を利用する際には、以下の点に注意してください。

  • 法的にはグレー、違法になる可能性が高い
  • クレジットカード会社は利用を禁止している
  • ヤミ金・詐欺業者が存在している
  • 手数料が高い

それでは順番に詳しく解説していきましょう。

①法的にはグレー、違法になる可能性が高い

ショッピング枠現金化は合法な金策とは言えず、法的にはグレーなサービスです。

これまでに利用した人が逮捕されたと言う事例はありませんが、違法になる可能性は十分に考えられます。

特にショッピング枠現金化をすると、「横領罪」、「詐欺罪」に該当するのではと言う指摘もあります。

少額ならば構いませんが、日常的にショッピング枠現金化を利用している方は、注意してください。

②クレジットカード会社は利用を禁止している

ショッピング枠現金化は法的にはグレーで、過去にトラブルなどが多発したため、クレジットカード会社は利用を禁止しています。

したがってショッピング枠現金化の利用がクレジットカード会社にバレると、処分が課せられます。

処分例としては、

  • クレジットカードの利用停止
  • 残高の一括返済
  • ブラックリスト入り

といったものが挙げられます。

そのためショッピング枠現金化をする際には、くれぐれもカード会社にバレずに行わなければいけません。

得に、

  • 高額のショッピング枠現金化を行う
  • 換金性の高い商品ばかり購入する

といった方は、クレジットカード会社に目をつけられやすいので、ご注意ください。

③ヤミ金・詐欺業者が存在している

クレジットカード会社がショッピング枠現金化を禁止している1番の理由です。

現金化業者の中にはヤミ金業者や詐欺業者といった違法業者が存在しており、ご利用の際にはくれぐれも注意しなければいけません。

過去には消費者庁や国民生活センターに多数の被害相談が寄せられるなど、悪徳現金化業者の被害が多発していました。

現在は落ち着きを見せているとは言え、くれぐれもショッピング枠現金化を利用する際には現金化業者選びに注意する必要があります。

④手数料が高い

ショッピング枠現金化は手数料の高さも、問題視されています。

ショッピング枠現金化の手数料は20%前後ですが、この手数料と法定金利を比較した場合、ショッピング枠現金化の手数料の方が数十倍も高くなってしまいます。

借金ではないとは言え、手にしたお金はカード会社に支払いをする必要があります。

そのためショッピング枠現金化を何度も利用してしまうと、高い手数料の返済に困ってしまうかもしれません。

また万が一、支払いができず、債務整理を考えた場合でも、ショッピング枠現金化したことがバレると、債務整理は認められない可能性があります。

くれぐれもご利用の際には、返済できる余裕があるかどうかを確認してから申し込みをするようにしましょう。

まとめ

財布からクレジットカードを取り出す人

ショッピング枠現金化は借金ではない金策として、人気の金融サービスです。

クレジットカードを持っていれば、誰でも利用することができ、仕組みは転売であるため簡単にお金を手にすることができるのも特徴です。

また借入ではないため、

  • 審査がない
  • スピードが速い
  • 債務超過にならない

といったメリットがあります。

一方でショッピング枠現金化を利用する際には、手数料が高い、クレジットカード会社が利用を禁じているといった注意点があるということは理解しておく必要があります。

法的にはグレーなサービスですし、ご利用の際にはよくよく考えてから利用するようにしましょう。